ともにつくろう東海市!! 地域をより良くして子供達に引き継ぐために

令和2年第4回定例会を開会しました

令和2年第4回東海市議会定例会が12月1日、火曜日から15日、火曜日まで開会します。

そこで、

東海市議会の令和2年12月議会は、どのように行われたのか

と関心をお持ちの方に向けた内容です。

それでは、以下に12月議会について説明していきます。

 

定例会日程について

会期は15日間です。

令和2年第4回定例会日程

 

提出された議案について

当初の議案は報告1件、議案17件でしたが、

12月11日(金)に、以下の議案1件、意見書2件が追加されました。

 

議案79 一般会計補正予算(第7号)

令和2年12月25日、金曜日に

ひとり親世帯

第1子に5万円を、第2子以降に3万円を支給します。

 

意見書

意見書4 防災・減災、国土強靭化の推進についての意見書の提出について

意見書5 地方自治体のデジタル化の着実な推進を求める意見書の提出について

 

令和2年第4回定例会議案

 

一般質問の順番について

12月議会での一般質問の順番です。

令和2年第4回定例会の一般質問の順番

 

私が行った一般質問について

私の一般質問は12月3日、木曜日の13:30から行い、質問事項2点、全7項目について質問させていただきました。

 

児童生徒の社会を生き抜く力の向上について

埼玉県は平成27年度から県独自の新しい学力・学習状況調査を実施している。

この調査は、項目反応理論に基づいた試験であり、小学校4年生から中学校3年生を対象として学力及び非認知能力を毎年把握している。

このことにより、児童生徒一人ひとりの学力に加え、自制心、勤勉性、やり抜く力等の非認知能力の変化を把握することができる。

その結果、教員の指導の改善が図られ、児童生徒の学力及び非認知能力の伸展につながっている。

本市においても教員の授業力を更に向上させ、児童生徒の社会を生き抜く力の向上を図るべきと考えるが、学力及び非認知能力の向上に向けた状況及び今後について、本市の考えを問う

 

 
ませ友浩
児童生徒一人ひとりの学力及び非認知能力の伸展について、蓄積及び把握をどのように実施しているのか。
 
教育長
(後日更新)
 
ませ友浩
学力及び非認知能力の状況について、どのように授業に活かしているのか。
 
 
教育長
(後日更新)
 
ませ友浩
令和3年4月に児童生徒一人一台のタブレット端末が導入されることを踏まえ、コンピューターを利用した試験(CBT)の実施を視野に入れながら、新しい学力・学習状況調査を既に実施している自治体と連携し、今後導入する考えはあるか。
 
 
教育長
(後日更新)

 

新学習指導要領が小学校では、令和2年度から実施され、中学校では令和3年度から実施される。

新学習指導要領では、主体的・対話的で深い学習を取り入れ、子ども達の学習方法を変えることも重要視されている。

今後、社会の変化は益々、激しくなることに加え、AIやロボットの普及が進むことで、児童生徒の社会を生き抜く力の向上を図るべきと考えるが、小中学校における学習の状況及び今後について、本市の考えを問う。

 

 
ませ友浩
小中学校において、主体的・対話的で深い学習を取り入れた特徴的な授業は、どのように実施しているのか。
 
教育長
(後日更新)
 
ませ友浩
主体的・対話的で深い学習において、児童生徒をどのように評価していくのか。
 
教育長
(後日更新)
 

 

児童虐待防止策の強化について

令和2年7月に閣議決定された骨太の方針2020の児童養護の関連記述において、児童虐待防止策の強化に向けて、「児童相談所の体制強化」だけでなく、「市町村の体制強化」も加えて盛り込まれた。

また、新たな感染症の発生等の危機の到来による事業の中止等により、子どもに社会の目が届きにくくなることがある。

どのような状況であっても子どもをしっかりと見守ることができる体制が必要と考えるが、児童虐待防止策の状況及び今後について、本市の考えを問う。

 

 
ませ友浩
要保護児童対策地域協議会は、事案の危険度及び緊急度の判断、関係機関の役割分担、支援方法等を適時適切に協議できる体制に整備されているのか。
 
市民福祉部長
(後日更新)
 
ませ友浩
厚生労働省は令和4年度までに全市区町村に子ども家庭総合支援拠点を設置するよう求めているが、本市の設置に向けた取組はどのような状況なのか 。
 
副市長
(後日更新)
 

最後に

(後日更新)