ともにつくろう東海市!! 地域をより良くして子供達に引き継ぐために

東海市議会令和2年第2回臨時会で議長と副議長が辞職しました

 

令和2年4月9日、木曜日、東海市議会の令和2年第2回臨時会が招集されました。

そこで、

東海市議会の令和2年4月臨時会は、どのように行われたのか

と関心をお持ちの方に向けた内容です。

それでは、以下に4月臨時会について説明していきます。

 

議会運営委員会委員の指名

自治体によって任期は様々ですが、東海市では委員会委員の任期は2年です

その任期を終え、新たな期が始まります。議会運営委員会の委員には2名以上が所属している(認められた)会派の議員が新たに指名されました。

 

議会運営委員会の開催

臨時会が休憩となり、議会運営委員会が開催されました。

その休憩中に議長から辞職願が提出され、臨時会日程に議長選挙が新たに加わりました

 

議長の選挙

休憩が終わり臨時会が再開され、副議長により臨時会進行のもと、議場を閉鎖して議長選挙が行われました。

配布された投票用紙に記名し、壇上にある投票箱に投票します。そして議員2名が立ち合い、開票します。

22票(議員定数22名)のうち20票を獲得した議員の当選承諾のご挨拶があり、新議長の誕生です。(共産党議員2名は団長の方を投票しました)

そして再度、臨時会の休憩です。

 

再び、議会運営委員会を開催しました

休憩中に、今度は副議長も辞職願を提出されました。それに伴い副議長選挙も臨時会日程に追加されました。

 

副議長の選挙

臨時会が再開され、新議長の臨時会進行のもと、議長選挙と同じように副議長選挙が行われました。

私は立ち合い議員に指名され、開票を見届けました。

22票のうち20票を獲得した議員の当選承諾のご挨拶があり、新副議長の誕生です。(共産党議員2名は自団のもう1名の方を投票しました)

今回の議長と副議長の辞職願の提出がありましたが、何かの責任をとったという訳ではなく、東海市議会での慣例で実質、任期は2年間です

 

常任委員会委員の指名

東海市議会には総務消防委員会、文教厚生委員会、建設環境経済委員会の3つの常任委員会があります。議員はこの3委員会のいずれかに所属し、内容によって各委員会に分担された議案の審査を行います。

私は文教厚生委員に指名されました

私の子供達は小学生と園児なので教育関係と幼児保育に適しているとのご配慮があったのだと思います。この文教厚生委員会の範疇は生まれてから亡くなるまでと幅広く、荷が重いですが励んで参ります。

 

議案の承認と同意

市税条例などの一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて

東海市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて

監査委員の選任について

を審査し、承認・同意されました。

 

西知多医療厚生組合議会議員の選挙

この組合は

衛生センター

ゴミ処理施設建設と健康増進施設建設(令和6年度稼働予定)

西知多総合病院、西知多看護専門学校

について知多市と東海市で構成されている事務組合です。

組合議会議員の指名推薦の提案があり、異議がなかったので議長から指名されました。

 

知北平和公園組合議会議員の選挙

こちらの組合は

知北霊園

知北斎場

について東海市、大府市、東浦町で構成されている事務組合です。

こちらの組合議会議員も同様に議長から指名されました。

 

知多北部広域連合議会議員の選挙

この広域連合は

介護保険事業

について東海市、大府市、知多市、東浦町で構成されている事務組合です。

こちらも同様に議長から指名されました。

 

最後に

これですべての臨時会日程が終了し、閉会しました。

議長と副議長の辞職願の提出があり、それに伴う新議長・副議長の選挙があり、また各委員会や組合の委員を決める議会でした。

これらを目の当たりにし、初めての経験をまた積むことができました。