ともにつくろう東海市!! 地域をより良くして子供達に引き継ぐために

令和3年第1回東海市議会定例会を開会しました

令和3年第1回東海市議会定例会が令和3年3月1日、月曜日から16日、火曜日まで開会されました。

そこで、

東海市議会の令和3年3月議会は、どのような様子だったのか

と関心をお持ちの方に向けた内容です。

それでは、以下に説明していきます。

 

目次

定例会日程について

今会の会期は3月16日、火曜日までです。

令和3年第1回定例会日程

 

議案について

今会の報告1件、承認1件、同意3件、委員会提出議案1件、意見書2件、議案31件です。

令和3年第1回定例会の議案

しっかりと議案を審査していきます。

令和3年4月に東海市長選挙が控えているため、令和3年度一般会計予算は骨格予算となっています。

骨格予算とは、行政運営上、必要最低限の内容を盛り込んだ予算のことです。

新市長の想いを込めた新たな施策は、市長選挙後の6月議会で令和3年度一般会計補正予算に盛り込んで上程される予定です。

 

令和3年度一般会計予算の主な事業について

新型コロナウィルス感染症対策緊急時生活支援チーム設置事業

予算 24万4千円
濃厚接触者とその家族などに外出を控えていただき、健康観察や日常生活の支援、宿泊施設を活用した支援を行うため、支援チームを設置する
 
以下について、活動を行う
健康の観察食糧や日用品の調達薬の受け取り宿泊施設の手配など

 

とうかい健康チャレンジ事業

予算 19万1千円
健康づくりを始めるためのきっかけとして、県が開発したスマートフォンアプリ「あいち健康プラス」を活用し、健康づくりの取組を支援する
運動食生活健康診査など

 

(拡充)認知症地域支援・ケア向上事業

予算 1179万9千円
認知症の方の社会参加活動のための体制整備を行うため、新たに認知症の方やその家族への支援をつなぐ仕組みを整備する「チームオレンジコーディネーター」を配置し、認知症ケアの向上と地域に根ざした事業を展開する
委託先 社会福祉協議会

 

(拡充)生活支援体制整備事業

予算 3600万円

地域包括ケアシステムの構築を推進するため、高齢者の生活支援をする生活支援コーディネーターと新たに社会参加を促進する就労的活動支援コーディネーターを設置する

13委員協議会2回を開催

 

介護施設等職員PCR検査費補助事業

予算 200万円
新型コロナウィルス感染症対策として、感染者が発生した介護施設において、行政検査の対象とならなかった職員などのPCR検査費に対して補助する
 
補助額 PCR検査費用の9割を補助(補助上限は1人あたり2万円)

 

後期高齢者低栄養予防事業

予算 693万5千円
健康寿命の延伸と医療費を削減するため、後期高齢者健康診査受診者のうち、低栄養に加え、口腔機能低下などで、フレイル状態に陥る危険性がある者に対し栄養士などが訪問支援を行う
 
対象者 フレイル状態に陥る危険性がある者(300人を見込む)

 

後期高齢者糖尿病性腎症重症化予防事業

予算 135万円
高齢者の保健事業と介護予防の一体的な推進を図るため、後期高齢者健康診査受診者のうち糖尿病に関する数値が基準を超える者に対し、専門医による講義と希望者に保健指導を行う
 
対象者 空腹時血糖などの数値が基準を超える者(講演会100人、保健指導30人を見込む)

 

ひきこもり支援センター設置事業

予算 2585万2千円
ひきこもりの状態にある方やその家族に関する常設居場所事業相談(訪問支援)事業家族会事業広報・啓発事業連絡委員会事業就労支援事業及びひきこもり実態調査を行う
 
委託先は、東海市ひきこもり支援事業コンソーシアム

 

(拡充)不妊治療助成事業

予算 3770万円
不妊治療を受けている夫婦に対し、経済的な負担を軽減し、少子化対策を推進するため治療費を助成(令和3年1月治療分より所得制限撤廃などの拡充予定)する
一般不妊治療 1390件(拡大分10件含む)
特定不妊治療 226件(拡大分47件含む)

 

児童相談管理システム導入事業

予算 479万1千円
児童相談件数の増加と相談内容の多様化に対応するため、児童相談管理システムを導入する
ケース情報管理国の情報共有システムとの連携など

 

ICT支援員派遣事業

予算 3600万円
児童生徒1人1台端末機の導入にあたり、小中学校においてICT機器を活用した学習活動を推進するため、ICT支援員を派遣し授業、研修などの必要な支援を行う
ICT支援員は6人

 

小学校水泳授業民間施設活用等事業

予算 2569万6千円
既存プールの老朽化に伴うプール管理負担軽減のため、実施校に渡内小学校を追加し、民間施設のプールを使用し、専門インストラクターの指導補助による、質の高い授業を行う
実施校は
渡内明倫富木島船島大田加木屋南

 

小学校学習用情報端末機等運用事業

予算 1億9299万円
すべての児童に学習用情報端末機を配置し、ICT機器を活用した授業などを実施し、ICT教育の充実を図る
児童用端末機 7143台
指導者用端末機 333台
大型提示装置  252台(各教室に設置)
学習用ソフト指導者用デジタル教科書 一式

 

中学校学習用情報端末機等運用事業

予算 9745万5千円
すべての生徒に学習用情報端末機を配置し、ICT機器を活用した授業などを実施し、ICT教育の充実を図る
児童用端末機 3569台
指導者用端末機 170台
大型提示装置  117台(各教室に設置)

学習用ソフト・指導者用デジタル教科書 一式

 

小学校木祖村木材製品購入事業

予算 732万2千円
愛知用水の水源地である長野県木祖村の地域活性化を支援するため、森林環境譲与税を活用して、長野県産木材を使用した下駄箱を購入する
横須賀小学校 片面木製下駄箱 50台(更新)

 

学校給食等食物アレルギー対策委員会設置事業

予算 19万円
学校における食物アレルギーに対し、学校と教育委員会が共通認識を持って対応にあたることができるよう、食物アレルギー対応委員会を設置する
委員14人委員会2回を実施

 

少年の主張愛知県大会開催事業

予算 37万6千円
中学生を対象に、論理的思考力や相手に伝える力などの習得を目的とする第43回少年の主張愛知県大会を開催する
時期 8月20日金曜日
場所 東海市芸術劇場大ホール
内容 各種主張の発表表彰式など

 

地域・生涯スポーツ推進活動事業

予算 72万2千円
市民が身近な環境で継続的にスポーツに取り組めるよう、新たに登録団体などに対してメールマガジンを活用し、学校体育施設のスポーツ開放、生涯スポーツ活動の支援を行う
対象施設は、
体育館18か所運動場15か所武道場4か所

 

加木屋テニスコート改修事業

予算 4410万円
施設の老朽化に伴い、加木屋テニスコートの整備を行う
場所 加木屋運動公園
工期 令和3年5月~令和3年9月
内容 防球フェンス改修夜間照明施設改修

 

ジュニア世代スポーツ力育成事業

予算 152万円

ジュニア世代の競技力の向上を図るため、新たにしないの企業などの一流スポーツ選手や優れた指導者と連携し、トップレベルのスポーツ選手による技術指導などを行う

委託先 スポーツクラブ東海

内容 各種教室技術指導試合観戦など

 

東京2020大会パブリックビューイング開催事業

予算 39万9千円

愛知製鋼陸上競技部に所属する選手が第32回オリンピック競技大会に出場することから、パブリックビューイングを開催する

時期 令和3年8月5日木曜日

場所 東海市芸術劇場

 

防災関連マップ作成事業

予算 34万1千円

以下の2つの防災マップを転入者向けに増版する

平成26年度に作成した保存版防災マップ|2500部

平成27年度に作成した全体版防災マップ|1500部

 

災害医療本部救護所備蓄用物品整備事業

予算 190万円

災害対応業務を迅速かつ円滑に行えるよう、市内3中学校に設置する災害医療救護所で使用する物品を購入する

トリアージタグ200枚毛布100枚発電機3台照明器具3台暖房機3台など

 

(拡充)自転車乗車用ヘルメット購入費補助事業

予算 130万円

自転車による交通事故被害の軽減を図るため、小中学生の補助上限額を引き上げる

補助率 5割以内(限度額2000円)

対象者 小学生以上

 

(拡充)防犯パトロール事業

予算 1148万6千円

犯罪を減少させるため、地域安全指導員を1人増員し、地域安全パトロール車で防犯パトロールを行い、通学路などを含む市内全域の巡回や啓発などを行う

地域安全指導員4人(うち防犯3人)

 

信用保証料補助事業

予算 875万5千円

新型コロナウィルス感染症に関する保証制度の融資を受けた中小商工業者が負担する信用保証料を新たに補助対象として追加し、融資を受けた中小商工業者が負担する信用保証料の一部を補助する

補助率 信用保証料の6割~10割

 

ふるさと応援事業者支援事業

予算 491万7千円

売上が減少している市内事業者を支援するため、市内事業者が提供する商品を返礼品として活用するふるさと納税を実施する

期間 令和3年4月~令和4年3月

返礼品数 32品(今後、拡充する可能性あり)

 

一般質問について

質問の順番

今会での一般質問は11名で、以下の順番です。

私は3月4日木曜日の13時以降登壇する予定です。

令和3年第1回定例会の一般質問の順番

通常、毎年第1回定例会で(会派ごとの)代表質問が行われますが、令和3年4月に東海市長選挙があるため、6月議会で行われます。

 

私が行う一般質問の内容について

災害復旧及び復興の対策強化について

全国の自治体における災害時に向けた様々な連携の強化及び拡大の取組を参考として、災害復旧の初動及び活動を円滑に実施し、一日も早い災害復旧及び復興につなげていくことが重要である。

災害復旧及び復興の対策を更に強化するために、様々な団体との連携をより強化及び拡大していくべきだと考えるが、連携の状況及び今後について、本市の考えを問う。

 
ませ友浩
市内2大学との連携はどのような状況なのか。また、災害復旧及び復興の対策強化に向けた、2大学との連携の強化について、どのように考えているのか。
 
総務部長
(後日更新)
 
 
ませ友浩
他自治体等から派遣される職員の受援計画について、どのように考えているのか。
 
副市長
(後日更新)
 
 
ませ友浩
災害時における様々な搬送及び運搬の手段を確保するために、レンタカー会社と連携する考えはあるか。
 
総務部長
(後日更新)
 
 
ませ友浩
要配慮者の災害時ケアプランの策定を推進している大分県別府市のように、要支援者及び要介護者の個別避難計画策定の推進に向けて、ケアマネジャーと連携する考えはあるか。
 
市民福祉部長
(後日更新)

 

平成28年4月に発生した熊本地震では、300万トンを超える膨大な災害廃棄物が発生した。

そのため災害廃棄物が生活道路に溢れ、車両の通行に支障を来たす原因となった。また、災害廃棄物の分別指導が行き届かず混在廃棄物となり、その後の処理に大変苦労している。

平時から災害廃棄物処理計画の周知を図り、一日も早い災害復旧及び復興に向けて、対策を強化するべきだと考えるが、災害廃棄物処理計画の状況及び今後について、本市の考えを問う。

 
ませ友浩
災害廃棄物処理計画の「想定必要面積不足への対応」において、仮置場候補地では面積が不足する場合、民有地も利用することとあるが、現在の仮置場候補地の確保について、どのような状況なのか。
 
清掃センター所長
(後日更新)
 
 
ませ友浩
現計画では仮置場候補地が遠方になる地域もあるが、対応策をどのように考えているのか。
 
清掃センター所長
(後日更新)
 
ませ友浩
災害廃棄物の早期処理に向けて、仮置場における廃棄物の分別について、様々な機会を捉えて平時から周知する考えはあるか。
 
清掃センター所長
(後日更新)

 

児童生徒の感染症情報の管理について

令和2年10月時点において、全国の小学校の約67%、中学校の約60%で、日本学校保健会が運営している学校等欠席者・感染症情報システムを導入している。

このシステムは、感染症で欠席する児童生徒の発生状況を即時に把握でき、関係機関と情報を共有することで早期対策の実施につなげることができる。

児童生徒の感染症情報管理のICT化により、感染症対策の更なる強化を図るべきと考えるが、児童生徒の感染症情報管理の状況及び今後について、本市の考えを問う。

 
ませ友浩
児童生徒の欠席状況の把握と関係機関との情報共有について、方法及び頻度はどのようか。
 
教育部長
(後日更新)
 
 
 
ませ友浩
今後の感染症対策の強化をはじめ、教員の負担軽減につながる学校等欠席者・感染症情報システムを導入する考えはあるか。
 
教育部長
(後日更新)

 

環境保全に向けたエネルギー施策について

環境省は、平成30年4月に閣議決定された第五次環境基本計画で、地域循環共生圏の創造を提唱している。

各地域の資源を生かして自立・分散型の社会を形成すると同時に、地域間で補完し支え合っていくことで、持続可能な社会の実現につながっていく。

こうした社会の実現に向けた、エネルギー施策による再生可能エネルギーの活用を目指した環境整備が必要だと考えるが、エネルギー施策の状況及び今後について、本市の考えを問う。

 
ませ友浩
現在、本市が調達している電力の契約及び電源由来はどのような状況なのか。
 
環境経済部長
(後日更新)
 
 
 
ませ友浩
環境保全に向けた、今後の電力調達の在り方について、どのように考えているのか。
 
環境経済部長
(後日更新)
 
 
ませ友浩
公共施設における再生可能エネルギー及び省エネルギーの設備導入の現状及び今後について、どのように考えているのか。
 
環境経済部長
(後日更新)
 
 
 
ませ友浩
再生可能エネルギー資源を豊富に有する東北12市町村と連携している神奈川県横浜市のような再生可能エネルギーの広域連携を図るべきだと考えるが、実施する考えはあるか。
 
環境経済部長
(後日更新)

今会を振り返って

鈴木淳雄市長が、閉会日である3月16日、火曜日に退任の挨拶をされました

「知多郡上野町最後の年に入庁し、職員として30年以上、そして東海市長として5期20年、50年以上に渡って、まちづくりを取り組んできた」

と振り返られつつ、

人口が1万人以上、そして税収は50億円を増やすことができたことを踏まえて、健全な財政運営と元気なまちづくりを進めることができた

と言われていました。

長年に渡り、東海市を導いていただき、本当にありがとうございました。